社会福祉法人 四日市市社会福祉協議会 公式サイト

障害福祉

disability welfare

HOME > 障害福祉 > 三泗日常生活自立支援センター

三泗日常生活自立支援センター

三泗日常生活自立支援センターのご紹介

三泗日常生活自立支援センターでは、認知症の高齢者、知的障害者、精神障害者等の方々に、自分に必要な福祉サービスを選んだり、利用するための手続きや契約を結んだり、日常的なお金の管理などについて支援しています。

日常生活自立支援事業とは

誰もが安心して福祉サービスを利用できるよう支援する事業です。 日常生活自立支援事業

  

こんな「困った」はありませんか?

福祉サービスを利用したいけど・・・

  • どんな福祉サービスが利用できるのかわからない。
  • 福祉サービスを利用したいけど、手続きの仕方がよくわからない。
  • 今、利用している福祉サービスを変えたいけれど、どのようにすればいいのかわからない。

 

お金がちゃんと管理できるか心配・・・

  • 福祉サービスの利用料や、税金・保険料・電気代など、いろいろな支払いができるか心配。
  • 年金がちゃんと振り込まれているかどうかわからない。

 

大事な書類をなくしてしまいそう・・・

  • 通帳や権利証などの大事な書類を置き忘れることがある。

 

「困った」ことにこんな支援をします。

福祉サービス利用の支援をします。

  • どんな福祉サービスが利用できるか、どのように利用すればよいかをわかりやすく説明します。
  • 福祉サービスの利用や、利用をやめる際の手続きの支援をします。
  • 福祉サービス利用料金の支払いの代行をします。
  • 今、利用している福祉サービスへの疑問や不満などを解決する支援をします。

 

日常的なお金の管理を支援します。

  • 年金や福祉手当がきちんと振り込まれているか確認する支援をします。
  • 生活費を預金から引き出したり、預貯金・解約の代行や代理をします。
  • 病院への医療費の支払い手続きの支援をします。
  • 社会保険料、電気、ガス・水道料金などの公共料金の支払い手続きの支援をします。
  • 日用品を購入する代金の支払い手続きの支援をします。

 

大切な書類を預かり保管します。

  • 預貯金通帳や年金証書、保険証書、不動産権利証、契約証、実印、銀行印、カードなどを三泗日常生活支援センターで預かります。(宝石・絵画・骨董品・貴金属などは預かることができません。)
支援を受ける前にはこんな手続きをしてください
  1. まず、相談してください。
    三泗日常生活支援センターにご相談ください。
     
  2. 支援計画をつくります。
    三泗日常生活支援センターの専門員が訪問させていただき、本人の暮らしにあった支援計画をつくります。  
  3. 審査が必要な場合もあります。
    支援の方法が決まれば、契約となりますが、契約を結ぶ能力に疑義がある場合には、三重県日常生活自立支援センターの契約締結審査会で審査されることになります。
     
  4. 契約すると支援がはじまります。
    契約が結ばれると、生活支援員が実際の支援をすることになります。支援に不満や苦情がある場合は、いつでも申し出てください。いつでも契約をとりやめることができます。
     
  5. 確実に支援ができているか確認します。
    支援がはじまってから3ヶ月後に、専門家が中心となって実施状況の検討を行います。この支援計画の評価はその後も6ヶ月ごとに行います。
料金料

福祉サービスの利用および日常的金銭管理サービス1回:1,000円(1時間程度)

書類などの預かりサービス年間:3,000円(1ヶ月:250円)

申込み・お問合せ先

三泗日常生活自立支援センター
四日市市諏訪町2-2四日市市総合会館2階
TEL:059-354-2433 FAX:059-354-2552 E-mail:sankenri@m5.cty-net.ne.jp