社会福祉法人 四日市市社会福祉協議会 公式サイト

障害福祉

disability welfare

HOME > 障害福祉 > 四日市市障害者福祉センター

四日市市障害者福祉センター

四日市市障害者福祉センターのご紹介 (指定管理施設)

四日市市障害者福祉センターは、身体障害者の福祉の増進を図るため、身体障害者福祉法の規定に基づき、平成2年8月に設置され、身体に障害のある方の更生相談、日常生活に必要な言語・歩行・機能訓練・点字・創作的活動などの各種教室や、春・夏・冬休み中の障害のある小・中・高校生を対象とした障害児デイサービスを提供しています。また、障害についての正しい理解を広め、障害のある方が暮らしやすい社会づくりを目指し、啓発に努めています。

 

センター事業の紹介

障害者デイサービス

市内の在宅障害者に、創作的活動や機能訓練などのサービスを提供し、利用者の生活の改善や身体機能の維持向上を図り、自立と社会参加を支援しています。

 

 
●言語訓練

主に脳血管障害の後遺症により、言語に障害のある方を対象に、個別や集団で訓練を提供することで、利用者一人一人に合った自立と社会参加を促進しています。

対象者

市内在住の身体障害者手帳をお持ちの方で、次のいずれかに該当する18歳以上の方

・病院でのリハビリが終了し、引き続き訓練を必要とする方
・言語障害があるが、必要な訓練を受けていない方
・障害等により、言語機能が低下している方

内容

言語聴覚士による訓練・支援

・月曜日~金曜日 午前9時~午後5時
・障害者福祉センター(総合会館3階)言語訓練室
・言語障害に合わせて個別や集団で訓練を行います。

費用 1回につき150円

※上記費用は各事業にかかる費用で、事業にかかる材料費や交通費などの実費は含まれておりません。 
  

  1. 個別言語訓練
    機能面への働きかけも行いながら、障害を受入れ自分らしい生活が送れるよう、利用者やそのご家族と共に支援プランを立て実施しています。
     
  2. 言語社会適応訓練
    同じ障害のある方同志、ボランティアの方、職員が相互に関わりを持つ中で、「自分の意思を伝えたい。」という積極的な思いを大切にしつつ、言葉やゼスチャーなどの方法で意思を伝え、お互いの理解を深めながらコミュニケーション能力の向上を目指しています。また、創作活動や外出等の活動を集団で行う中で、主体的に考え、発言し、行動する場を提供しています。 
      

 
●理学療法

疾病・外傷などで四肢、体幹などに身体機能の低下がある方に対し、日常生活の自立支援のための理学 訓練や家庭でできる自主訓練の指導を行います。

対象者

市内在住の身体障害者手帳をお持ちの方で、次のいずれかに該当する概ね18歳以上65歳未満の方

・病院でのリハビリが終了し、引き続き訓練を必要とする方
・身体に障害があるが、必要な訓練を受けていない方
・介護保険等、他のサービスの対象でない方

内容 理学療法士による訓練・指導
・月曜日 午前9時~午後3時30分
・障害者福祉センター(総合会館4階)機能回復訓練室
・身体症状に合わせて一人ひとりに適した生活を促すための訓練を行います。
費用 1回につき150円

※上記費用は各事業にかかる費用で、事業にかかる材料費や交通費などの実費は含まれておりません。 
 

 
●創作的活動

主に身体に障害のある方を対象に、様々な創作的活動の教室を開催しています。この教室に参加することによって、技術の習得と仲間づくりをしながら、積極的な社会参加へのきっかけづくりを目的としています。また、教室終了後はサークルとして活動を継続しているグループの支援も行っています。

対象者 市内在住の身体障害者手帳をお持ちの方で、仲間づくりや社会参加の場を必要としている方
内容

文化的な活動を媒介にして、仲間との交流や社会へのより積極的な参加を支援しています。
年度により内容が変わります。障害者福祉センター(総合会館3階)

費用 1回につき150円

※上記費用は各事業にかかる費用で、事業にかかる材料費や交通費などの実費は含まれておりません。 
 

 
●歩行訓練

視覚に障害のある方を対象に、伝い歩きによる室内移動や白杖(はくじょう)による屋外歩行の訓練を提供することにより、日常生活における単独歩行技術を習得していただいています。

対象者 市内在住の身体障害者手帳をお持ちの方で、視覚に障害があり自力歩行訓練を希望される方
内容

歩行指導員による白杖を使った単独歩行訓練
週2回(火曜日・木曜日の午前または午後)2時間とし、期間は個人により異なります。

費用 1回につき150円

※上記費用は各事業にかかる費用で、事業にかかる材料費や交通費などの実費は含まれておりません。 
 

 
●点字教室

視覚に障害のある方を対象に、活字に代わるコミュニケーション手段のひとつである点字の書き方や読み方を習得していただくとともに、同じ障害のある方たちとの交流や情報交換を通して、社会参加をしていただくためのサービスを提供しています。

対象者 市内在住の身体障害者手帳をお持ちの方で、視覚に障害があり、点字の習得を希望する方
内容

点字の学習と交流及び情報交換
第1・3金曜日 午後1時30分~午後3時 障害者福祉センター(総合会館3階)社会適応訓練室

費用 1回につき150円

※上記費用は各事業にかかる費用で、事業にかかる材料費や交通費などの実費は含まれておりません。 
 

 
●障害児デイサービス

市内在住の障害児(小学生・中学生・高校生)を対象に、春休み、夏休み、冬休みの長期休暇中に規則正しい生活を送っていただくことや、家庭や学校とは異なる場の提供を通して、社会性や仲間との交流を深めるサービスを提供しています。

対象者 市内在住の身体障害者手帳及び療育手帳などをお持ちの小学生、中学生、高校生
内容

創作的活動や簡単な調理、野外(公園など)での自由遊び
長期休暇時(春・夏・冬)の主に水曜日
午前10時~午後3時(昼食は各自でご用意ください。)
四日市市総合会館3階 療育訓練室・軽作業室
1日あたり5名で集団または個別に支援しています。

費用 1回につき400円

    ※上記費用は各事業にかかる費用で、事業にかかる材料費や交通費などの実費は含まれておりません。 

    障害者福祉センター事業

    ●難聴者・中途失聴者教室

    難聴や中途失聴の方を対象に、人生の途上において聴覚に障害を負われた方やそのご家族が集い、相互の体験発表、聞こえを助ける工夫や機器、制度等についての学習を通して、日常生活において役立つ情報の収集と交流そして社会参加のきっかけづくりを提供しています。
     

    ●要約筆記奉仕員派遣調整

    難聴や中途失聴・音声言語機能障害の方のコミュニケーションを円滑にするため、要約筆記奉仕員を派遣するためのコーディネートを行っています。要約筆記の依頼に関するE-Mailでのお問い合わせはこちら
     

    ●情報提供

    センター事業の紹介や参加者募集のほかに、障害福祉に関する情報提供、利用者や参加者の声を社協広報紙「かけはし」に掲載しています。

    ※従来の機関紙WITH(ウィズ)の発行は2011年6月をもって終了いたしました。

     

    ●障害福祉講座

    「障害への理解を広げ、支援者を育てる講座」や「障害のある人の生活に密着した内容を取り上げ、学習や情報を得る講座」を開催しています。

     

    お問い合わせ

    四日市市社会福祉協議会障害者福祉センター
    〒510-0085 三重県四日市市諏訪町2-2

    TEL:059-354-8275 FAX:059-354-8426 E-Mail:y-with@m3.cty-net.ne.jp