ホーム > ボランティアセンター > お役立ち情報 > 助成金情報

助成金情報

★(公財)損保ジャパン日本興亜福祉財団
助成金名 住民参加型福祉活動資金助成
助成目的 公益財団法人損保ジャパン日本興亜福祉財団では、福祉及び文化の向上に資することを目的に、主として障害児・者、高齢者などを対象として活動するNPOの支援、社会福祉の学術文献表彰、学術研究・文化活動の助成などを実施しています。
「住民参加型福祉活動資金助成」では、地域における高齢者・障害者・子ども等に関する複合的な生活課題に、地域住民が主体となって、包括的な支援を行なう活動に必要な資金を助成します。 
助成団体 5人以上で活動する営利を目的としない団体(法人格の有無は問いません。)
ただし、社会福祉法人は除きます。
助成事業 地域における高齢者・障害者・子ども等に関する複合的な生活課題に、地域住民が主体となって、包括的な支援を行なう活動
助成内容 本助成対象の活動に関する人件費(助成金額の50%を限度)・物件費
対象になる費用(費目)
人件費、会議費、機材・什器・備品購入費、交通費・通信費、印刷費、工事改修費など
※ただし、2019年3月末までに支出した費用に限ります。
対象にならない費用(費目)
本助成対象の活動と直接関わりのない職員などへの人件費や物件費、事務所の賃借料・水道光熱費など日常の維持管理費、助成申込書に記載した費目以外の費用、自動車購入費 など
助成金額 1団体30万円を上限とします。(総額600万円を予定)
※選考において、申請金額を減額して助成を決定する場合があります
応募締切 平成29年10月20日(金)当日消印有効
問合せ先 公益財団法人 損保ジャパン日本興亜福祉財団 事務局
〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1
ホームページ:http://www.sjnkwf.org/jyosei/juminsankagata.html
★(公財)キリン福祉財団
助成金名 平成30年度「キリン・地域のちから応援事業公募助成」
助成目的 地域やコミュニティを元気にするさまざまなボランティア活動を応援する
助成団体 (1)4名以上のメンバーが活動する団体・グループであること。
(2)連絡責任者は満20歳以上であること。
  (年齢は平成30年4月1日現在の満年齢となります。)
助成事業 障害があってもなくても、高齢者でも子どもでも、日本人でも外国人でも、同じ地域やコミュニティで生活する一員として、共に理解し合い・支え合う共生社会の実現を願い、地域における障害児・者、高齢者、子ども等の福祉向上に関わる、次のような幅広いボランティア活動を実施する団体に対して助成いたします。
(1) 子ども・子育て世代の福祉向上に関わるもの子ども・子育て世代が主体となって実施する活動地域やコミュニティの子ども・子育て世代を元気にする活動を応援します。
(2) シルバー世代の福祉向上に関わるもの
高齢者が知識・技術・経験を活かして実施する活動地域やコミュニティの高齢者を元気にする活動を応援します。
(3) 障害や困りごとのある人・支える人の福祉向上に関わるもの
障害のある人や困りごとを抱える人・それらを支える人(病気や困りごとを抱える人の介護者や応援者も含みます)が主体となって実施する活動地域やコミュニティの障害のある人や困りごとを抱える人・支える人を元気にする活動を応援します。
(4) 地域やコミュニティの活性化に関わるもの
既存の自治活動やお祭りから一歩進んだまちづくり、新たな繋がりを創りだし地域やコミュニティを元気にする活動、共生社会を創る活動、災害復興等の活動を応援します。
 
注1:昨年度まで実施していた「キリン・子育て応援事業」「キリン・シルバー『力』応援事業」に該当する活動は、すべて応募の対象になります。
注2:昨年度まで実施していた「キリン・子ども『力』応援事業」に該当する活動は、子ども・障害者・高齢者及び地域やコミュニティの福祉向上に繋がるものであれば、応募の対象になります。
助成金額 1件(一団体)あたりの上限額は30万円(総額 4,800万円)。原則として単年度助成。
応募締切 平成29年10月31日(火) 当日消印有効
問合せ先 (公財)キリン福祉財団事務局
〒164-0001 東京都中野区中野四丁目10番2号 中野セントラルパークサウス
TEL:03-6837-7013 FAX:03-5343-1093

ページの先頭へ戻る

ボランティアセンター

所在地

社会福祉法人
四日市市社会福祉協議会

〒510-0085
三重県四日市市諏訪町2番2号
(総合会館2F)
地図拡大地図

TEL: 059-354-8265(代)
FAX: 059-354-6486
E-mailでのお問い合わせはこちら
事業別連絡先はこちら個人情報保護方針